及川静香 陶記

ssilentt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 10月 14日

土を練るということ

陶芸の作業工程に於いて、土練りも大切な作業だと思います。

自分の工房には、土練機がありません。
お金の問題というより自分の手で練るという事が、
大切だと思うからです。

その分時間は掛かりますが、粘土のちょうどいい固さだったり、
粘りが出て、成形しやすい土になります。

手で土を練り、足で轆轤を回し、耳で音楽を感じる。
作業のなかで、どれも欠かせない感覚です。

e0230045_2217332.jpg

自然を感じる心も大切。

by silent_man | 2011-10-14 22:20 | うつわ


<< 土のある暮らし展終了しました      土のある暮らし >>